雨読みエンターテイメント

雨の日はブログを読もう

ダイキン12畳エアコン工事費込みの購入にこれだけかかりました!

f:id:yossyman:20180812101317j:plain

こんにちは。節約ヨッシーマンです。2018年にエアコンを買い替えたのでそれにかかった費用を大体でまとめてみました。ちなみに、僕の部屋は15年前に買ったエアコンを使っていましたが、全く涼しくなく、電気代ばかり喰っていたので、酷暑に備えるべくエアコンを買い換えて完全防御体勢をとることにしました。

やることその1 どのエアコンメーカーにすればいいのか?

Panasonicダイキン、三菱など大手メーカーであれば、そこまで差が無いと思います。その中で、空調系に特化したメーカーの方が技術力があって、安定してそうな感じがしたので、ダイキンのメーカーに決めました。アイリスオーヤマは他製品が壊れやすい話をよく聞いたことがあるので、候補から外しました。

 やることその2 仕様を決める。

次に、どの大きさが適当なのか部屋の大きさを見ます。部屋は木造で11畳あるので、12畳タイプにします。また、余計な機能はいらなかったので、ダイキンAN36VES-Wを¥128,920で購入しました。

やることその3 設置工事日を決める。 

6月入ると業者も忙しくなります。土日なんてもっと忙しくなります。5月中旬に工事の発注ができればベストです。今回、ネットでエアコンを買い、設置工事は別の業者に頼みました。

ダイキンのエアコンに買い換えてよかったこと。

1.とにかく涼しすぎる

テクノロジー万歳!12畳タイプって出力も大きいからめちゃめちゃ涼しい。むしろ直冷だと寒い。

2.睡眠不足が解消

僕が一番悩んでいたのは夜の過ごし方。外気温が25度以上だと窓開けていても、温い風が入ってくるだけでクソ不快。中々寝付けなく、睡眠不足のまま翌日の仕事に行かなければならないってことに。

これでは、仕事の能率も下がってしまうよ!

夜はほぼエアコンかけっ放し。快適に眠れました。ちなみに、電気代が~~って気にしてる人でタイマー設定で2時間だけエアコンかけて余熱で朝まで過ごそうとしている人もいますが、室温なんて数十分すれば外の温度と同じくらいまであがります。結局起きるはめになるので、かけるときはガンガンかけましょう。

3.室外機は思ったほどうるさくない

f:id:yossyman:20180812085501j:plain

稼働中の音を聞いてみましたが、割と静かでした。

後悔や失敗したことについて

電気工事は近所の付き合いある業者にするべきだった。また、事前に部屋を下見してもらえばよかった。10畳用と12畳用はコンセントの大きさも変わり、前のエアコンのように設置できなかったため、予想外の電気工事費が発生した。

 

エアコンに必要な工事費とは?

これは、各家庭で設置する環境により、価格が変動します。本体をいくら安くしても工事費で結構な金額がいく場合があります。工事内容のポイントとしては、まず室外機の設置場所です。エアコンの近くに設置できれば、ドレン管は短くて済みます。4m以上だと延長工事費が発生します。台の上に置く場合は、その分の費用も発生します。

次に、新規設置ならば壁の穴あけ費用、更新なら既存エアコンの撤去費用が発生します。エアコンの出力に合わせて、電源工事も発生します。

まとめ

よく本体や電気代ばかりに目が行きがちですが、設置工事費も結構な金額がかかることを意識しておきましょう。私は、大手量販店で購入し、設置工事は別業者に頼みましたが、面倒でした。知り合いの工事業者がいる場合は、全てお任せしたほうが良いかも知れません。