雨読みエンターテイメント

雨の日はブログを読もう

テレビの液晶の種類について

テレビを買うに当たって、各メーカーの液晶について気になるところです。

そこで液晶パネルの種類についてまとめてみました。

TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)

パソコンモニタや携帯電話で最も採用されている方式。生産技術が確立しており普及率も高いため、比較的安価に購入できます。

メリット

  • 発光効率が高く低消費電力。応答速度が速く、スポーツ観戦やゲーム用には有利。
  • 安価

デメリット

  • 視野角、角度によって色合いが変化してしまう「色度変移」では、VA方式やIPS方式に劣る。
  • 色再現性はあまり良くない。

VA方式(Virtical Alignment)

メリハリのある映像なので写真加工に向くし、応答速度も良いので動画用にもいい。TNとIPSの中間要素なので、ある意味「バランス型」と言えます。テレビやパソコンモニタに採用されています。
「視野角・色再現性・応答速度ではTN方式よりも優れるが、視野角・色再現性ではIPS方式には劣る」といったポジション。コントラストのしまりはどの方式よりもいいので、メリハリのある画質を楽しめます。

メリット

  • コントラストは一番高い
  • 視野角・応答速度・色再現性がTN方式よりも良好。

デメリット

  • IPSよりも視野角が狭く、色度変移が大きい
    ※配向分割法との組み合わせで広視野角を実現しているものもある

IPS方式(In Place Switching)

高品位のテレビに使われる。視野角が広いので、DTP作業や、大勢でテレビを見る場所に向いている。

メリット

  • 視野角による輝度変化や色変化が少ない。
  • 色再現性が良い

デメリット

  • 構造上、バックライトの透過率が低いため、コントラストを高めにくい
  • 応答速度が遅い
  • 比較的高価である
  Tn方式 Va方式 IPS方式
価格
応答速度
視野角
コントラスト
色再現性